講師紹介 : IN MY LIFE GUITAR SCHOOL

講師紹介

上田教室 篠ノ井教室 高崎教室

白石 才三
(しらいし としぞう)

1977年1月29日生まれ A型
長野県上田高等学校卒業。
高校在学中にギターを始める。

2000年バークリー音楽大学パフォーマンス科卒業。(米ボストン)
在学中に上原ひろみ(p)等と共演。
ジャズギターをJohn D Thomasに、ブルースギターをMichael Williamsに師事。
特にJohn Thomasからは「ギタリストはサムライと同じだ、戦場では生きるか死ぬかだ!」と、ひたすら基礎を叩き込まれる。
音楽的にも哲学的にも大きな影響を受ける。
またファンクアンサンブルをKenwood Dennard、ブラジリアンアンサンブルをLuciana Souzaに師事。
卒業後、NYにてMark Whitfieldに師事。自由に演奏する方法(スーパーインポーズド)を教わる。
2001年9.11事件をNYで体験。帰国を決意する。

2002年1月帰国。ギターレッスンを始める。
同時にギタリストまたはベーシストとして数々のバンドで活動を開始。
国内外のアーティストと数多くのライブ、セッション、レコーディングを重ねる。
2011年のUEDA JOINT Special LessonにてベースレジェンドT.M. Stevensにベースを師事し親交を深める。

主な活動
2005年頃からSOIL&"PIMP" SESSIONSのメンバーとジャムセッションのホストを横浜や渋谷で行う。
2006年頃からNY Brooklynで活動するアーティスト達と親交を深め、特にMainspace、Channel U、Dizzy Ventilatorsなどのジャパンツアーをコーディネイト、サポートメンバーとして参加。
2008年頃からBoston在住のアーティスト達とバンド「WESTLAND」を結成し、2枚のアルバムを作る。
THE BLUE HEARTSのレゲエトリビュートアルバムに参加。
2009年、犬式のvo三宅 洋平のソロ活動に参加、徐々にバンド「ALBATRUS」に進化し、ファッションデザイナー「ヨウジヤマモト」の19年ぶりの東京でのメンズコレクションの音楽を全てバンドで生演奏。その他にも数々のイベント、フェスティバルに出演(2010年脱退)。


IMLP-006_c.jpg

Inside Out / Toshizo Shiraishi

伝説のフリーフェス「UEDA JOINT」のプロデューサーによる待望のアコースティックソロアルバム。
ゲスト参加 MARTER(Jazzy Sport) Chimp Beams


詳細はこちら→

小諸教室

中村 紘崇
(なかむら ひろたか)

小学校のころにX(現 X Japan)に影響を受け、それまで弾いていたバイオリンをギターに持ち変える。
洋メタル、フュージョンなどを経てJazzに傾倒。国立信州大学に進学したが、1年で休学しBerklee音楽大学へ留学。Richie Hart教授にWes MontgomeryとGeorge Bensonのスタイルのジャズを学ぶ。Wesのサウンドに惹かれ、親指でギターを弾くようになる。
信州大学へ復学後も、東京国分寺でJazzGuitarの巨匠 宮ノ上貴昭氏に師事。より有機的なJazzの言語を学ぶ。
大学在学中に 演奏活動をしながら、YAMAHA Music Mediaよりギター教則本 「激速!激アツ!閃光のテクニカルギター」を出版。(絶版)